浦和・川口の不動産|株式会社バンダイ > 株式会社バンダイ 南浦和 本店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約が結べない?高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とポイントとは?

賃貸契約が結べない?高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とポイントとは?

≪ 前へ|負動産にあたる不動産売却と問題点とは?処分方法3選   記事一覧   賃貸物件の入居申し込みはキャンセル可能?契約前と後でどうちがう?|次へ ≫

賃貸契約が結べない?高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とポイントとは?

賃貸契約が結べない?高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とポイントとは?

高齢者だと賃貸物件は借りにくいというイメージは一般的ですが、その理由はあまり知られていません。
賃貸物件を借りにくい理由がわかっていれば、その理由を解決することで年齢に関係なく賃貸物件を借りられるようになるでしょう。
そこで今回は、賃貸物件にお住まいを検討されている方に向けて、高齢者が賃貸物件を借りづらい理由などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とは

賃貸物件を借りるときには、基本的に貸主の許可を得る必要があります。
しかし、入居希望者が高齢である場合、次のような理由から入居を断られてしまうというケースが少なくありません。

高齢による事故や孤独死のリスク

高齢者は健康面から部屋のなかでの事故や、孤独死のリスクをどうしても負ってしまいます。
入居のときは健康であったとしても、住みはじめて数年と経たないうちに体調を崩してしまうケースも残念ながら少なくなく、入居の許可が下りにくいというのが現状です。
とくに配偶者や親族のいない一人での入居は、万が一のときの発見が遅れやすく、入居が難しくなっています。

金銭面での不安

高齢になると、定年退職して年金で生活費を賄っているケースが一般的です。
年金以外に大きな収入を得ることが難しい高齢者は、貸主に金銭的な不安を感じさせてしまうのも入居しづらい理由の1つです。
また賃貸物件に入居するときに必ず立てる必要がある「連帯保証人」についても、身近に頼れる方がおらず、保証会社の利用も難しいことから、入居を困難にさせている理由の1つといえるでしょう。

高齢者でもスムーズに賃貸契約を結ぶためのポイント

高齢者がスムーズに賃貸物件に入居するためには、健康面でのリスクと金銭面でのリスクの両方を解消することが重要です。
健康面でのリスクについては、賃貸物件の近くに親族が住んでいれば貸主も安心できます。
また、金銭的なリスクについては預貯金額を提示して貸主を説得するか、仕事をしている親族を連帯保証人に立てることで審査に落ちる確率を大幅に下げられます。
このほか、一般財団法人高齢者住宅財団では、高齢者が賃貸物件を借りる際の手助けとして、「家賃債務保証」という制度を設けています。
家賃債務保証は、高齢者が賃貸物件を借りるときに財団が保証人になってくれる制度で、入居審査に不安を感じている高齢者にとっては便利な制度です。

まとめ

今回は、賃貸物件にお住まいを検討されている方に向けて、高齢者が賃貸物件を借りづらい理由などについてご紹介しました。
高齢者が賃貸物件に入居するときには、物件自体の設備やロケーションはもちろんですが、近くに家族が住んでいるなど大家さんが安心できるかなども重要な要素です。
私たち株式会社バンダイは、川口・浦和の不動産を豊富に扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|負動産にあたる不動産売却と問題点とは?処分方法3選   記事一覧   賃貸物件の入居申し込みはキャンセル可能?契約前と後でどうちがう?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • バンダイの不動産売却
  • バンダイの賃貸管理
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 売却査定
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る