浦和・川口の不動産|株式会社バンダイ > 株式会社バンダイ 南浦和本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介

不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介

≪ 前へ|不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!   記事一覧   不動産の構造が「木造」であるメリットとは?デメリットもご紹介|次へ ≫

不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介

不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介

不動産購入を検討している方のなかには「レンジフード」を重視する方がいるかもしれません。
ここでは、不動産の購入を検討されている方に向けて、レンジフードの種類や選び方、注意点などをご説明します。
理想のキッチン周りを実現し快適な空間をつくるために、レンジフードを選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入!使えるレンジフードの種類とは?

レンジフードには、いくつかの種類があります。

ファンのタイプによる種類

レンジフードは、ファンが回転して排気・換気をおこなう仕組みになっており、タイプとしては3種類あります。

プロペラファン
扇風機のようなプロペラがついている換気扇と呼ばれるタイプです。
安価で排気量も多いですが汚れを取るのがとても大変で、外に繋がっている壁面にしか設置できません。

シロッコファン
筒状になったところに小さな羽がたくさんついており、筒が回転することが排気できます。
ダクトをとおって外に排気されるので、壁面でない場所でも設置することが可能です。
現在では、レンジフードの主流タイプとなっていますが、プロペラと比較すると換気量が少なく、価格は高くなります。

ターボファン
シロッコよりも幅広の羽がついています。
ダクトから排気をするので、壁面でなくても設置ができます。
また、プロペラと比較すると換気量が多く手入れもしやすいのですが、3種類のなかでもっとも高額になります。

レンジフードの形状

次にレンジフードの形状の種類をご紹介します。

ブーツ型
ブーツ状になっており、コンロにかぶさるような形をしています。
プロペラやシロッコなどのファンが使われています。

フラット型
フラットで薄い形をしているので、天井が低いキッチンに適しています。
シロッコ、ターボなどのファンが使われていますが、音が大きいとも言われています。

スリム型
もっともスリムでシンプルな形状をしており、最近どんどん増えているタイプです。
シロッコが使われることが多く、ノンフィルタータイプも人気があります。

不動産の購入時にレンジフードを選ぶ注意点とは?

不動産を購入し、レンジフードも理想の形や大きさで設置したい場合、選ぶときの注意点を押さえておきましょう。

注意点その1:価格

レンジフードの形状やファンの種類によって、価格が異なるため注意が必要です。
プロペラタイプは安価ですが、ダクトを使う種類になるとダクトの設置が必要となり、費用がかかります。

注意点その2:寸法

取り付け予定の場所に、希望のレンジフードの形や大きさがマッチするかどうかを確認しましょう。
希望の高さや幅に対して、選んだレンジフードの寸法が合わない場合もあるので、まずは寸法をしっかりと把握しておくことが大切です。

まとめ

不動産を購入しレンジフードを選ぶ際、レンジフードにはいくつかの種類があります。
ただ、イメージだけで購入すると寸法が合わないこともあるので、できるだけ希望に沿った形状でピッタリ合うものを見つけましょう。
また種類によって価格も異なるため、予算に応じたレンジフード選びをしましょう。
私たち株式会社バンダイは、川口・浦和の不動産を豊富に扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!   記事一覧   不動産の構造が「木造」であるメリットとは?デメリットもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • バンダイの不動産売却
  • バンダイの賃貸管理
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 売却査定
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る