浦和・川口の不動産|株式会社バンダイ > 株式会社バンダイ 南浦和本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入で知っておきたい!仲介手数料の概要や相場とは?

不動産購入で知っておきたい!仲介手数料の概要や相場とは?

≪ 前へ|賃貸契約の名義変更って可能?方法や注意点をチェック!   記事一覧   家の災害保険は加入すべき?災害保険の概要と必要性について解説!|次へ ≫

不動産購入で知っておきたい!仲介手数料の概要や相場とは?

カテゴリ:購入

不動産購入で知っておきたい!仲介手数料の概要や相場とは?

マイホームなどの不動産を購入するときに、家や土地の代金以外にも必要になる費用として仲介手数料があります。
物件の価格によって仲介手数料は変わるため、場合によっては高額になる可能性も。
今回は仲介手数料についての理解を深めていただくために、概要や相場を見ていきますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に支払う仲介手数料とは?

マイホームを購入したいと思ったとき、多くの方が不動産会社に仲介を依頼します。
不動産会社は不動産の売主を探したり、購入のための手続きをしたりと、不動産購入のためのさまざまなサポートをします。
売主と買主の間に入って仲介をする不動産会社に、契約が成立したときに成功報酬として支払うのが仲介手数料です。
仲介手数料には上限が決められており、不動産の価格によって異なります。

また不動産売買の通常の過程で発生する費用については仲介手数料に含まれています。
例えば以下のようなものです。
・広告費用
・物件調査
・物件案内
・契約条件の交渉
・契約に必要な書類の作成
・融資手続きのサポート
・登記手続きのサポート
・引渡しの立合い
・アフターフォロー

そのため、通常業務に含まれるものを別途請求されても支払う必要はありませんが、特別な広告費や遠方での取引のための出張費などは実費負担分を求められる場合があります。

不動産購入の際にかかる仲介手数料の相場とは?

先ほどもお話したとおり、仲介手数料は上限が決められています。
仲介手数料に相場はありませんが、上限を仲介手数料の金額に設定している不動産会社が多いので、相場の目安にはなります。
具体的な仲介手数料を知りたい場合、自分で計算することも可能です。
仲介手数料の計算式は次のようになります。

●不動産価格が200万円以下の場合…売買価格の5%
●不動産価格が200万円超から400万円以下の場合…売買価格の4%
●不動産価格が400万円超の場合…売買価格の3%


さらに、仲手数料には消費税が加算されるため、上の計算結果に消費税10%をプラスします。

仮に200万円以下の物件を購入した場合は計算が1回で済みますが、200万円を超えた物件を購入したときには、仲介手数料の計算は少し複雑になってしまいます。

例えば4,000万円の物件を購入するとき、仲介手数料を計算すると以下のようになります。

売買価格対象金額と報酬料金仲介手数料
400万円以上3,600万円×3%=108万円126万円
200万円以上400万円まで200万円×4%=8万円
0~200万円まで200万円×5%=10万円

 

・0円から200万円までの部分=10万円
・200万円以上400万円までの部分=8万円
・4,000万円までの部分=108万円
・合計額:10万円+8万円+108万円=126万円

何度も計算を繰り返さなければならず、とても煩雑です。
そこで活用したいのが「速算法」という計算方法です。
速算法の計算式は以下のとおり、非常にシンプルになっています。

【物件価格×3%+6万円】
 
4,000万円×3%=120万円
合計額:120万円+6万円=126万円
上の計算結果に消費税10%をプラスします。

不動産購入時の仲介手数料が無料になると?

物件の価格だけでも大きな出費なので、できるだけ費用を抑えたいと考える方も少なくないでしょう。
不動産会社によっては、仲介手数料を半額または無料にしてくれるところもあります。
仲介手数料が半額または無料になれば諸費用を抑えることにつながるので、大きなメリットと言えます。
諸費用が安くなった分、お金を他の使い道に回せます。
仲介手数料を半額または無料にするためには次のような方法があります。

●両手仲介(売主と買主の両方を同じ不動産会社が仲介する)で売主から仲介手数料を受け取るようにしている
●人件費や広告費のコストカットなど企業努力をしている
●物件が高額で仲介手数料も高額になるため割引しやすい


これらの方法で仲介手数料を半額または無料にするため、次のようなデメリットが発生する場合があります。

●仲介手数料を支払う側に手厚いサービスをする
●経費節約をしているため丁寧な対応をしてもらえない
●仲介手数料の代わりに別の諸費用として請求されることがある

まとめ

不動産会社が売主と買主の間に入って仲介し、契約が成立すると成功報酬を支払う必要があり、この報酬のことを仲介手数料と言います。
仲介手数料には上限が決められており、物件の価格によって計算方法が異なります。
仲介手数料が半額または無料の場合もありますが、どのようなしくみで半額または無料にしているのか?後から追加で費用の請求がないか?きちんと確認し把握しておくことがおすすめです。

無料だからとお願いし「何もしてもらえなかった」「仲介手数料より支払額が増えた」など耳にします。


私たち株式会社バンダイは、川口・浦和の不動産を豊富に扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸契約の名義変更って可能?方法や注意点をチェック!   記事一覧   家の災害保険は加入すべき?災害保険の概要と必要性について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • バンダイの不動産売却
  • バンダイの賃貸管理
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • スタッフグログ
  • LINEでお問い合わせ
  • 売却査定
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト

 おすすめ物件


キャッスル

キャッスルの画像

賃料
7.5万円
種別
マンション
住所
埼玉県川口市西川口4丁目1-34
交通
西川口駅
徒歩7分

第2武笠ビル

第2武笠ビルの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
埼玉県さいたま市浦和区瀬ヶ崎4丁目13-5
交通
北浦和駅
徒歩28分

フジハイツ

フジハイツの画像

賃料
5.3万円
種別
アパート
住所
埼玉県川口市上青木6丁目19-5
交通
鳩ヶ谷駅
徒歩25分

坂本ハイツ

坂本ハイツの画像

賃料
7万円
種別
アパート
住所
埼玉県川口市南鳩ヶ谷7丁目26-11
交通
鳩ヶ谷駅
徒歩15分

トップへ戻る