浦和・川口の不動産|株式会社バンダイ > 株式会社バンダイ 南浦和本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?

不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?

≪ 前へ|雁行型マンションの特徴は?不動産購入時の注意点もあわせて解説!   記事一覧   不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!|次へ ≫

不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?

不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?

建物には少し凝った設備が設けられることも珍しくなく、不動産購入を考えている方からもよく注目される設備があります。
しかし、購入前には素敵に見えた設備も日常的に使うと不便に感じられることもあるため、設備の特徴は事前によく確認しておくことが重要です。
今回は、トップライトとはなにか、またそのメリットとデメリットについて解説するので、不動産購入に向けてぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入前に知りたいトップライトのメリットとは?

トップライトとは天窓のことであり、天井に取り付けられた照明器具ではありません。
天井に小窓が設けられているおかげで、晴れていると太陽光が差し込み、日中は照明がそれほど必要ありません。
日光が差し込みやすいおかげで室内が自然と暖まり、冬場には暖房の効率も上がりやすいです。
トップライトがあると採光面でも有利であり、太陽の光が直接入らなくとも部屋のなかは比較的明るくなります。
さらに普通の窓と同じように開閉できるトップライトの場合、室内の換気もしやすいです。
新鮮な空気をこまめに取り込んだり、風通しを良くして涼んだりできるため、家のなかの快適な空間づくりに役立ちます。
このほか、天井に小窓を設けるのはおしゃれな印象もあり、トップライト自体が一種のインテリアになることもあります。

不動産購入前に知りたいトップライトのデメリットとは?

トップライトも通常の窓と同じで定期的な掃除が必要であり、手入れをしていないと窓が汚れて見た目が悪くなります。
しかし掃除をしようにも窓が高い位置にあるため、簡単には手が届きません。
脚立などを使えば掃除できますが、転落してケガをするリスクがあるうえ、窓の外側の掃除はやはり難しく、個人でおこなえる手入れには限界があります。
築年数を重ねるにつれてトップライトに汚れが溜まっていき、見た目が気になることもあるでしょう。
開閉タイプのトップライトでは、窓の閉め忘れによって雨が降り込む恐れもあります。
窓が高い位置にあって視界にあまり入らないことから、開けたあとに閉め忘れやすいのもデメリットです。
また、トップライトの窓枠が劣化して雨漏りする場合もあります。
このほか、取得した不動産の高さや周辺環境によっては、夜間に街灯の明かりや往来の自動車のライトが天窓から差し込む恐れがあります。
室内が真っ暗でないと眠りにくい方などには、夜間に入り込む光がストレスになることもあるでしょう。

まとめ

トップライトとは天窓のことで、室内が明るくなる・開閉できる・換気がしやすいなどのメリットがあります。
一方で、掃除が難しく汚れやすい・閉め忘れで雨が降り込むなどのデメリットもあります。
不動産購入時にトップライトを検討する際は、メリット・デメリットをしっかり確認するようにしましょう。
私たち株式会社バンダイは、川口・浦和の不動産を豊富に扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|雁行型マンションの特徴は?不動産購入時の注意点もあわせて解説!   記事一覧   不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • バンダイの不動産売却
  • バンダイの賃貸管理
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 売却査定
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る