浦和・川口の不動産|株式会社バンダイ > 株式会社バンダイ 南浦和本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!

不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!

≪ 前へ|不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?   記事一覧   不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介|次へ ≫

不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!

不動産購入時に階高をチェックする重要性とは?天井高との関係も解説!

不動産購入時には、天井高より階高をチェックする必要がある、といわれています。
しかし「階高とは何のことなのか?」「天井高と何が違うのか?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
今回は、階高について、不動産購入時に階高をチェックする重要性や天井高との違いも含めて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時にチェックすべき「階高」とは?その重要性を解説

階高とは、1つの階の高さのことです。
具体的には部屋の床面からその上の階にある部屋の床面までの高さであり、実際には見えていない床や天井の構造部分も含まれます。
一度設定された階高はリフォームしたとしても変えられないため、不動産購入時にはしっかりとチェックしておくことが必要です。
当然ながら、階高が高い部屋は天井も高くなります。
そのため部屋に開放感が生まれやすく、設置できる家具の幅も広がるなどのメリットがあるのです。
とくに、将来床の段差をなくしたり天井にある照明の位置を変えたりしたい場合は、階高に余裕を持たせる必要があります。
ただし、部屋が狭い場合は階高が高すぎるとバランスが悪くなってしまうため、必ずしも階高が高いほうが良いというわけではありません。
また、階高を低くすることで階数を増やしているマンションもあるので、不動産購入時にはよく確認したほうが良いでしょう。

階高と天井高の関係は?不動産購入時に知っておきたい違いを解説

天井高は部屋の床面から天井までの高さのことで、階高と混同されがちなので注意が必要です。
見えている高さが天井高、床や天井の構造部分など見えていない部分も含まれている高さが階高です。
つまり、階高から天井と床の厚みを引いた部分の高さのことを、天井高と言います。
階高との大きな違いは、天井高は床や天井を薄くすることで高さを変えられるという点です。
コンクリートの床スラブに直接フローリングを張る「直床」という工法を利用すれば、二重床の半分以下まで厚さを抑えることが可能です。
同じように直天井にすれば天井の厚さも抑えられるため、結果的に天井高を多く確保できるようになります。
このような方法を使えば、たとえ階高が低い部屋であっても開放感が出るでしょう。

まとめ

不動産購入時に確認する必要がある階高は、部屋の雰囲気やリフォームの自由度にも影響する、重要性の高い部分です。
階高によってその部屋での暮らしやすさも変わってくるため、天井高との違いも含めて事前に確認しておくと良いでしょう。
私たち株式会社バンダイは、川口・浦和の不動産を豊富に扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入でトップライトを検討中の方必見!メリットとデメリットとは?   記事一覧   不動産の購入時にレンジフードを選ぶポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • バンダイの不動産売却
  • バンダイの賃貸管理
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 売却査定
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る